【大暑】

 突然ですが、Mikikoは7月中旬にころんで足の骨を折り、今はギプスをはめ、安静を言い渡されている状態です。手術を要するかどうかは来週決まる予定。

 「人生何があるかわからない」と常々自分に言い聞かせて暮らしてきたつもりだが、やはり「一寸先は闇」だった。

 一瞬の出来事にシマッタ! 覆水盆に返らず! と思ったが、起きてしまったことはどうにもならない。時を巻き戻すことはできない。

 現実を冷静に受け止め、切り抜ける道を探し、工夫をして災難を乗り越えるしかない。周りの方々のお力も借りなければ・・・。

 ところで、「レントゲンの写真を見れば、ステロイドを服用していることがわかる」と医師に言われた時は、些かショックだった。2年半以上前に「好酸球性多発血管炎性肉芽腫症」という難病にかかり、ステロイドを長期服用しているため、骨が弱ってきていることは確かだ。思いがけない転倒の一つの原因だったかもしれないと思うと、これからの自分の体が少し心配になってくる。

 何れにしても、今回起きたことは「不幸中の幸い」と考え、悔やんだり、先のことを思い煩ったりせず、2次災難に気をつけて、一日一日を懸命に生きていかなければと思っている。

 この夏は「忍耐」の季節となりそうだ。これもまた人生か。