【小満】

 フーヨーハイは広東語。 高価な蟹缶を奮発し、季節の筍とグリピースをたっぷり使って、貴婦人のような高級卵焼きを作ってみませんか。中国では芙蓉の花に似せて卵白のみ使うそうです。因みに芙蓉蟹をご飯にのせた「天津飯」は日本で生まれたとか。なぜ「天津」なのでしょう?

材料

  • 蟹缶    大1缶
  • 筍     60g
  • 椎茸    3枚
  • 長ネギ   1本
  • 三つ葉又はグリーンピース
  • 卵     8個
  • 砂糖    一つまみ
  • 酒     大2
  • 塩・胡椒  少々
  • あんかけ

  • スープ   250cc
  • 塩・砂糖  各小1/3
  • 酒     大1
  • 醤油    小1
  • 片栗粉   大1

 
作り方

  1. 蟹は軟骨を取り、ざっとほぐす。汁は卵と混ぜておく。
  2. タケノコ(やわらかい部分)、椎茸は千切り。ネギは二等分してから斜め千切り。
  3. 熱した鍋に油をひき、蟹を炒め、砂糖一つまみと酒大2をふり、一旦皿にとる。
  4. 同じ鍋で、椎茸、筍、ネギをを香りよく炒め、塩・胡椒をする。
  5. 卵の中に蟹、炒めておいた材料と三つ葉を入れて、よく混ぜる。
  6. テフロン加工のフライパンに多めの油を入れ、卵液が半熟になるまで焼く。
  7. 蓋を使ってひっくり返し、油をひき表も焼く。
  8. 小鍋にスープ以下の材料を入れて沸かし、水溶き片栗粉でしっかりとじる。
  9. 大皿にかに玉を載せ、上に熱いあんをかける(グリーンピースがあれば飾る)。



蟹を奮発しました!

グリンピースが多すぎ?

とろりとした食感と上品な味わい。(安藤さんの感想)

ザーツァイはごま油と少量の醤油でより美味しくなります。

芙蓉の花